設立のご挨拶


funazakiまちづくりの主体は住民です。住民は行政、企業、教育機関等と協働することによってよりよいまちづくりを目指しています。そこで重要なのは、住民ニーズに基づく行政サービス、地域貢献を組み込んだ商品開発、地域の将来を担う若者支援・子育て支援等のあり方です。

ライフスタイル協同組合は、21世紀のまちづくりの課題を解決するために、それぞれ専門知識を有する事業者がワークショップやマーケッティングやITの手法を駆使し、住民・行政・企業・教育機関等の望ましい“つながり”を促進することを使命とします。特に、女性の視点に立って、住民の声を行政の施策、企業のものづくりやサービス、教育機関の若者向け事業、子育て支援やボランティア支援、介護福祉等に生かしていくことを追求していきます。

ライフスタイル協同組合は、こうした様々な事業を通して、組合員の安定経営を図ると同時に、地域住民の幸福を増進するまちづくりに取り組みます。

 

 

平成26年7月1日 ライフスタイル協同組合 代表理事 船崎 美智子